2コリント6:1-10

6/16 今日の聖書箇所 2コリント6:1-10 を読み、ゆっくり思い巡らしましょう。そして、心に感じたことをメモしましょう。(下記は小平のメモです)
〜〜〜〜〜
・この箇所を読むと「恵み」とはどういうことなのかを考えさせられる。
・無駄なような存在の自分に与えられた。その事実を無駄にしてはならない。
・大好きな言葉。
 人に知られていないようでも、よく知られており、死にかけているようでも、見よ、生きており、懲らしめられているようでも、殺されておらず、悲しんでいるようでも、いつも喜んでおり、貧しいようでも、多くの人を富ませ、何も持っていないようでも、すべてのものを持っています。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments